お金どう持っていく?

お金はどう持っていく?

旅行に行く際にお金はどういう形で携帯していますか?

全額現金で!とか。不安だからクレジットカードで等、皆様々です。

海外旅行にお金はどうやって持って行った方が無難?

とお思いの方もいると思います。

 

ここでは、お金の携帯の仕方の種類とシーン別の適正をご紹介していきます。

大きく分けて6つ。

 

  1. 現金
  2. トラベラーズチェック
  3. 国際キャッシュカード
  4. クレジットカード
  5. デビットカード
  6. キャッシュパスポート

 

 

1つ目の現金

両替したお金をそのままの形で持ち歩く状態です。

ホテルに宿泊する場合はクレジットカードが必要なケースが多いですが

少し価格の低めの宿等に宿泊する場合、現金払でというケースがあります。

上記の様なケースの場合は、現金を多少多めに用意しておいた方がよいですね。

後、マーケットや露店販売の物を購入したい!という場合も同じです。

 

但し、私個人的には多くの現金を旅行先まで携帯する事は、あまりお勧めしていません。

途中、盗難や紛失をし兼ねないからです。特にジャマイカの様な国では。

現金には保証は付いていないので、紛失した際は全ておじゃんです。

旅を楽しむ為の費用を旅行先で盗難若しくは無くす。凄く悲しくないですか?

携帯する現金は、宿代+二日分の生活費程度の必要最低限にしておいた方が良いですね。

 

2つ目、トラベラーズチェック

旅行者用の小切手の事をいます。紛失した際、保険が付いているので

もしもの時もお金が戻ってきます。

トラベラーズチェックのデメリットは、換金できない両替所がある事と

両替の際に換金レートが高い事です。

今ほどキャッシュカードやクレジットカードの携帯が盛んでない頃は、

この携帯方法が多かったでね。

有効期限はないので、旅行先で使わなかったトラベラーズチェックは、

次回まで保管する事も出来ますし現金同様、日本で換金もできます。

現金に保険を付けときたい!って方にお勧めです。

参考サイト:アメリカンエクスプレス

 

3つ目、国際キャッシュカード

海外のATMで利用可能なキャッシュカードを言います。

一般的なのはCitiバンクのキャッシュカード。

世界中に専用のATMが多数あり提携のATMでも引き出しが可能。

日本国内にも支店やATMが沢山あるので国内利用する場合も便利ですね。

 

後もう一つが、新生銀行のキャッシュカード「総合口座(パワーフレックス)」

国内銀行のキャッシュカードで、唯一海外利用可能なカードです。

こちらはコンビニ等のATM利用手数料がいつでも無料で、

国内利用する際も大変便利なカードになっています。

両方がネットバンキングで管理出来るので、旅行先で為替の確認出来ても安心です。

クレジットカードは少し心配かも。。。なんて方にお勧めですね。

 

但し、2014年後半頃からジャマイカに関しては何故か使えないATMが多く(原因不明)

カードでの携帯はクレジットカード若しくは、デビットカードの方が確実です。

 

参考サイト:Citi Bank 新生銀行

 

4つ目、クレジットカード

私個人的にはクレジットカードかデビットカードでの携帯がお勧めです。

クレジットカードのメリットは、多くの現金を持ち歩かなくても大丈夫な点と

24時間365日、世界中の提携ATMでお金の引き出しが可能だからです。

VISA・Masterの場合、印のあるATMで全てお金の引き出しが可能です。

 

後は現地で現金と違い両替の手間もなく、

紛失・盗難の際は保険が付いているので安心です。

使った分だけ提携のポイントが溜まるのも魅力の1つですね。

デメリットは現金の引き出しが、キャッシング扱いになるという点です。

 

クレジットカードの種類は星の数ほどあります。

こちらに関しては別ページの「クレジットカードが便利な理由」にてご紹介します。

 

5つ目、デビッドカード

日本国内ではあまりメジャーではないのですが、海外に行くと本領を発揮します!

使用した際に、即口座からお金が引き落としになる

クレジットカードの事をいます。

私個人的には一番好きなお金の携帯の仕方ですね。

 

使い方はクレジットカードと同じです。

24時間365日、世界中の提携ATMでお金の引き出し出来て

VISA場合、印のあるATMで全てお金の引き出しが可能です。

安心なのが自分の口座からお金が即引き落としの為、

お金の管理がしやすい点ですね。

 

但し、銀行によっては年会費がかかる事と

クレジットカードに比べ紛失の際の補償が劣る点です。

こちらも別ページの「デビッドカードとCPについて」でご紹介します。

 

6つ目、キャッシュパスポート

海外専用のプリペイドカードの事を言います。

事前に専用の口座にお金を入金しておくと、デビットカードと同様で

口座から即引き落としで決済されます。

又、24時間365日、世界中の提携ATMでお金の引き出しが可能。

VISA・Masterの場合、印のあるATMで全てお金の引き出しが

可能という点も同じですね。

 

デメリットは専用の口座に事前入金が必要な事と、

お金の払い戻しの際は手数料が発生する点です。

たまにしか海外に行かない、又はクレジットカードを持っていない

と言う方にお勧めです。

 

以上がお金の携帯の仕方6通りになります。

それぞれご自身のシーンによって使い分けてみてください。

 

【 LINE@でジャマイカ情報をお届け♪ 】
ジャマイカのレポートを無料プレゼント実施中
友だち追加