お金・海外旅行保険

ジャマイカ旅行、海外旅行保険は入るべき?

意外と加入してこない人が多いのが海外旅行保険。

以前、ブログでお伝えした通りジャマイカの犯罪率は日本と大きく異なります。

※過去の記事はコチラをご覧ください

 

勿論、有無を言わさず保険にはきちんと入っておきましょう!

日本やその他の先進国と比較してジャマイカは「盗難」がかなり多いですし

運転は滅茶苦茶、インフラもきちんと整っていないので

いつ怪我や事故に遭遇してもおかしく無い様な状況なんです。

 

保険といっても、私が知っている中では大きく3つに分かれます。

1、各保険会社で加入する保険

2、クレジットカードに付いている保険

3、国民健康保険でまかなえる保険

大きくはこの3点です。

 

1、各保険会社で加入する保険

殆どの方がこの方法で保険を利用していると思います。

東京海上やAIUなどの保険会社の保険に直接加入するというものです。

 

保険会社によってプランや料金まちまち。

その中でも特に重要視して、加入して欲しい項目は

「治療・救援費用・携行品損害・航空機寄託手荷物遅延・航空機遅延」の4点。

 

先ず、海外は日本とは保険制度や医療費が大きく異なります。

盲腸の手術をするだけで100万円!なんて話も。

ジャマイカもダウンタウンに無料の病院がありますがあまりお勧めしません。

血だらけでも平気で何時間も待たされますし、設備も不十分。。。

 

お金はかかりますが、なるべく大学病院等のきちんとした病院にかかりましょう。

そんな時に治療・救援費用をある程度高めに設定しておくと安心です。

 

携行品損害については、有無を言わさず加入しておきましょう!

ジャマイカでは白昼堂々と盗難が起こります。

 

意外と、軽視しがちなのが航空機寄託手荷物遅延・航空機遅延。

冬の時期は大雪の影響で飛行機が飛ばない事が良くありますし、

トランジットが多い場合は荷物が到着していない!?なんて事はよくある話。

 

私の場合は前回のジャマイカ旅行の際に、

2回連続で飛行機が飛びませんでしたし

前々回は荷物の到着が3日間遅れました。

上記経験から、こちらの加入もきちんとお忘れなく!

 

保険会社によって料金が大きく異なりますが、

自分で選択できるフリープランを選んで節約する事も可能です。

保険会社へ直接加入が一番保険内容が充実しているので、

不安な方はこの方法で保険に加入するのが良いと思います。

 

2、クレジットカードに付いている保険

自身の持っているクレジットカードの利用規約を確認してみて下さい。

意外と海外旅行保険付きの物が多いです。

 

以前、クレジットカードが便利な理由について少しだけご紹介しましたが

自動付帯のものだとカードで航空券の支払いをしていなくても自動的に

海外旅行保険が適応になる、というカードもあります。

 

私は年会費1300円でこの自動付帯が適応になるカードを1枚持っています。

各社ゴールドやプラチナ会員だと年会費なしでも自動付帯になる物も多くあります。

私の様に海外旅行に良く行く方で、カードを持っているだけで

自動的に旅行保険が適応になるのはうれしいですよね。

 

一度自身のカードを確認してみて下さいね。

但し、カードの保険は直接加入の保険に比べて補償の内容が若干劣りますのでご注意を!

心配な方は両方に加入しておくことをお勧めします。

 

3、国民健康保険でまかなえる保険

意外と知られていないこの制度。

国民健康保険で海外で使った医療費をまかなう事が出来るんです。

 

但し、日本で認められている医療行為である事と負担金は日本と同じ3割。

こちらの保険を適応する場合の注意は、一旦全額負担になる事と

証明書の和訳文が必要だったりします。

 

国民健康保険に加入している人であれば全員適応になりますので

加入の際に手続き等は必要ではないので楽ちんですね。

 

どんな方法であれ備えあれば憂いなし!

日本と違い何が起こるか分からないのでなるべく加入しておきましょう。

【こちらも要チェック! 】

 

 

 
【近日公開!ただ今準備中】

 
【 LINE@でジャマイカ情報をお届け♪ 】
ジャマイカのレポートを無料プレゼント実施
友だち追加


ジャマイカ旅行、海外旅行保険は入るべき?

意外と加入してこない人が多いのが海外旅行保険。

以前、ブログでお伝えした通りジャマイカの犯罪率は日本と大きく異なります。

※過去の記事はコチラをご覧ください

 

勿論、有無を言わさず保険にはきちんと入っておきましょう!

日本やその他の先進国と比較してジャマイカは「盗難」がかなり多いですし

運転は滅茶苦茶、インフラもきちんと整っていないので

いつ怪我や事故に遭遇してもおかしく無い様な状況なんです。

 

保険といっても、私が知っている中では大きく3つに分かれます。

1、各保険会社で加入する保険

2、クレジットカードに付いている保険

3、国民健康保険でまかなえる保険

大きくはこの3点です。

 

1、各保険会社で加入する保険

殆どの方がこの方法で保険を利用していると思います。

東京海上やAIUなどの保険会社の保険に直接加入するというものです。

 

保険会社によってプランや料金まちまち。

その中でも特に重要視して、加入して欲しい項目は

「治療・救援費用・携行品損害・航空機寄託手荷物遅延・航空機遅延」の4点。

 

先ず、海外は日本とは保険制度や医療費が大きく異なります。

盲腸の手術をするだけで100万円!なんて話も。

ジャマイカもダウンタウンに無料の病院がありますがあまりお勧めしません。

血だらけでも平気で何時間も待たされますし、設備も不十分。。。

 

お金はかかりますが、なるべく大学病院等のきちんとした病院にかかりましょう。

そんな時に治療・救援費用をある程度高めに設定しておくと安心です。

 

携行品損害については、有無を言わさず加入しておきましょう!

ジャマイカでは白昼堂々と盗難が起こります。

 

意外と、軽視しがちなのが航空機寄託手荷物遅延・航空機遅延。

冬の時期は大雪の影響で飛行機が飛ばない事が良くありますし、

トランジットが多い場合は荷物が到着していない!?なんて事はよくある話。

 

私の場合は前回のジャマイカ旅行の際に、

2回連続で飛行機が飛びませんでしたし

前々回は荷物の到着が3日間遅れました。

上記経験から、こちらの加入もきちんとお忘れなく!

 

保険会社によって料金が大きく異なりますが、

自分で選択できるフリープランを選んで節約する事も可能です。

保険会社へ直接加入が一番保険内容が充実しているので、

不安な方はこの方法で保険に加入するのが良いと思います。

 

2、クレジットカードに付いている保険

自身の持っているクレジットカードの利用規約を確認してみて下さい。

意外と海外旅行保険付きの物が多いです。

 

以前、クレジットカードが便利な理由について少しだけご紹介しましたが

自動付帯のものだとカードで航空券の支払いをしていなくても自動的に

海外旅行保険が適応になる、というカードもあります。

 

私は年会費1300円でこの自動付帯が適応になるカードを1枚持っています。

各社ゴールドやプラチナ会員だと年会費なしでも自動付帯になる物も多くあります。

私の様に海外旅行に良く行く方で、カードを持っているだけで

自動的に旅行保険が適応になるのはうれしいですよね。

 

一度自身のカードを確認してみて下さいね。

但し、カードの保険は直接加入の保険に比べて補償の内容が若干劣りますのでご注意を!

心配な方は両方に加入しておくことをお勧めします。

 

3、国民健康保険でまかなえる保険

意外と知られていないこの制度。

国民健康保険で海外で使った医療費をまかなう事が出来るんです。

 

但し、日本で認められている医療行為である事と負担金は日本と同じ3割。

こちらの保険を適応する場合の注意は、一旦全額負担になる事と

証明書の和訳文が必要だったりします。

 

国民健康保険に加入している人であれば全員適応になりますので

加入の際に手続き等は必要ではないので楽ちんですね。

 

どんな方法であれ備えあれば憂いなし!

日本と違い何が起こるか分からないのでなるべく加入しておきましょう。

【こちらも要チェック! 】

 

 

 
【近日公開!ただ今準備中】

 
【 LINE@でジャマイカ情報をお届け♪ 】
ジャマイカのレポートを無料プレゼント実施
友だち追加