ジャマイカ総合

ジャマイカ・ウェストモーランドの山奥で遭難した話

最近ジャマイカの山奥で遭難したのはこの私です。

始まりはHotels.comで予約したホテルに向か途中に起こる。

 

場所が山の中という事もあり、事前に住所をチェックそして

グーグルマップへ印付けも完了!

 

その日、セントエリザベスの山奥から

ウェストモーランドへ移動予定だった私は

海岸線沿いを走って夕方までには到着♪

なんてルンルンでドライブ。

 

そしてウェストモ―ランドに入ってKFCを調達。

ホテルのある山の中へ向かう。

 

が、しかし

 

探せど探せどホテルが見つからない(-_-;)

住所は確かにあっているが、ホテルが何処にも無い!!

この辺りから暗くなって来はじめアタフタ。

何処を探せどマジでホテルが無い…

 

ジャマイカでの運転で一番危ないのは目的の無い行動をする事。

無意味にターンをしたり、止まったりする行動が一番危ないんです。

 

正しく自分が今正にその状態…。

仕方なし、教会の前に車を止めて道行くジャマイカ人に道を聞く。

 

が、誰も分からない。

そして外は真っ暗。ああああああああ。

 

しばらくすると、教会の前のお家に住んでいる

おばちゃんが家から出てきて心配そうに

「若い子が暗いのに運転しちゃだめじゃない!あんた次の日の新聞に載るわよ!!」

「ウェストモーランドは今滅茶苦茶危ないんだからね!」

と言われ。

 

そしてホテルに2人で確認の電話を入れるも

何故か住所を教えてくれない。おばちゃんぶち切れw

 

外も真っ暗、このまま運転してホテルを探し続けるのは本当に危ない。

すると、おばちゃんがとおばちゃんの親戚のおじちゃんが

「家にはエアコンも無いしシャワーも水だけど家に泊まって行きなさい。」

 

と、神様が現れた。

 

そんなこんなで「ジャマイカ版・田舎に泊まろう」がスタートw

 

このおばちゃんは今アメリカのアトランタに住んでいて

たまたま2週間だけお葬式の為、ジャマイカに戻って来ていたみたい。

 

ご飯や飲み物までそして、大きなベッドのある自分の部屋を貸してくれた。

「私たちの出会いはきっと神様が決めた事なのよ」とおばちゃん。

本当色々とありがとうございます泣。

 

バタバタ荷物を整理した後、ご近所さんが集まりはじめ皆で女子会。

 

jamaica_wastmoland1

ファンキーなジャマイカのおばちゃんばっかりで楽しかったな~(^^♪

 

後でこの話をジャマイカ人の友達に話したら

「お前はマッドか!!」って怒られたw

 

何故か?

ジャマイカでは見ず知らずの人のお家に泊まったり

泊めたりなんてまず考えられないからです。

 

私はこの先、ネグリルに移動する予定だった為

朝、おばちゃんにお礼をしてお家を後にする。

 

jamaica_wastmoland2

※太りすぎていて椅子からケツが抜けないおばちゃん

 

本当この人と出会ってなかったら冗談じゃなくて

翌日の新聞に載ってたかもしれない私。

本当にこの出会いに感謝です。

 

私は本当に運が良かったけど、

普通ならありえない出来事ですこれ。

 

ジャマイカで田舎を運転予定の方

これからジャマイカで運転しようと思っている方は

【こちらも要チェック! 】

 

 

 
【近日公開!ただ今準備中】

 
【 LINE@でジャマイカ情報をお届け♪ 】
ジャマイカのレポートを無料プレゼント実施
友だち追加


ジャマイカ・ウェストモーランドの山奥で遭難した話

最近ジャマイカの山奥で遭難したのはこの私です。

始まりはHotels.comで予約したホテルに向か途中に起こる。

 

場所が山の中という事もあり、事前に住所をチェックそして

グーグルマップへ印付けも完了!

 

その日、セントエリザベスの山奥から

ウェストモーランドへ移動予定だった私は

海岸線沿いを走って夕方までには到着♪

なんてルンルンでドライブ。

 

そしてウェストモ―ランドに入ってKFCを調達。

ホテルのある山の中へ向かう。

 

が、しかし

 

探せど探せどホテルが見つからない(-_-;)

住所は確かにあっているが、ホテルが何処にも無い!!

この辺りから暗くなって来はじめアタフタ。

何処を探せどマジでホテルが無い…

 

ジャマイカでの運転で一番危ないのは目的の無い行動をする事。

無意味にターンをしたり、止まったりする行動が一番危ないんです。

 

正しく自分が今正にその状態…。

仕方なし、教会の前に車を止めて道行くジャマイカ人に道を聞く。

 

が、誰も分からない。

そして外は真っ暗。ああああああああ。

 

しばらくすると、教会の前のお家に住んでいる

おばちゃんが家から出てきて心配そうに

「若い子が暗いのに運転しちゃだめじゃない!あんた次の日の新聞に載るわよ!!」

「ウェストモーランドは今滅茶苦茶危ないんだからね!」

と言われ。

 

そしてホテルに2人で確認の電話を入れるも

何故か住所を教えてくれない。おばちゃんぶち切れw

 

外も真っ暗、このまま運転してホテルを探し続けるのは本当に危ない。

すると、おばちゃんがとおばちゃんの親戚のおじちゃんが

「家にはエアコンも無いしシャワーも水だけど家に泊まって行きなさい。」

 

と、神様が現れた。

 

そんなこんなで「ジャマイカ版・田舎に泊まろう」がスタートw

 

このおばちゃんは今アメリカのアトランタに住んでいて

たまたま2週間だけお葬式の為、ジャマイカに戻って来ていたみたい。

 

ご飯や飲み物までそして、大きなベッドのある自分の部屋を貸してくれた。

「私たちの出会いはきっと神様が決めた事なのよ」とおばちゃん。

本当色々とありがとうございます泣。

 

バタバタ荷物を整理した後、ご近所さんが集まりはじめ皆で女子会。

 

jamaica_wastmoland1

ファンキーなジャマイカのおばちゃんばっかりで楽しかったな~(^^♪

 

後でこの話をジャマイカ人の友達に話したら

「お前はマッドか!!」って怒られたw

 

何故か?

ジャマイカでは見ず知らずの人のお家に泊まったり

泊めたりなんてまず考えられないからです。

 

私はこの先、ネグリルに移動する予定だった為

朝、おばちゃんにお礼をしてお家を後にする。

 

jamaica_wastmoland2

※太りすぎていて椅子からケツが抜けないおばちゃん

 

本当この人と出会ってなかったら冗談じゃなくて

翌日の新聞に載ってたかもしれない私。

本当にこの出会いに感謝です。

 

私は本当に運が良かったけど、

普通ならありえない出来事ですこれ。

 

ジャマイカで田舎を運転予定の方

これからジャマイカで運転しようと思っている方は

【こちらも要チェック! 】

 

 

 
【近日公開!ただ今準備中】

 
【 LINE@でジャマイカ情報をお届け♪ 】
ジャマイカのレポートを無料プレゼント実施
友だち追加