ジャマイカ総合

ジャマイカ観光情報・植民地時代のお屋敷巡りへ! Greenwood Great House

200年以上前の建物

ジャマイカのモンティゴベイからファルマスにかけて沢山のグレートハウスが立ち並んでいます。グレートハウスとはジャマイカが植民地時代にプランテーション開拓に来たイギリス人の金持ちの家の事を指します。特に功績を残した方のお屋敷はグレートハウスとして今も尚大切に保管されているんですよ。ジャマイカの田舎には200年以上の歳月がたっても今も尚綺麗な状態のグレートハウスが沢山残っています。
現在のジャマイカからは想像も付かない様な時代の家具や骨董品、そしてその当時奴隷を管理する為の器具等様々な物をグレートハウスでは見ることが出来きます。レゲェやダンスホールからたまには離れて「ジャマイカの歴史」を学ぶには面白い場所ですね。

景色が綺麗に見える高台にあるお屋敷

2016-09-03-00-08-35

2016-09-03-00-17-45

グリーンウッドグレートハウスの場所はモンティゴベイとファルマスの丁度真ん中。景色の良い丘の上にあります。
どうやらプレンテーションが良く見える位置に建てられている様子、あいにく曇りの日でしたが曇りでも十分景色は綺麗でしたね!

2016-09-03-00-16-59

ここグリーンウッドグレートハウスとはまた別で、モンティゴベイから直ぐのローズホールグレートハウスが有名です。時間のある方は両方に足を運んでみると面白いと思います。各お家ごとに家の作りや置いてある物が違いますので。

兎に角、全部可愛すぎる

2016-09-03-00-09-25

2016-09-03-00-12-45

2016-09-03-00-18-39

内装がかわいすぎやしませんか?当時実際に使われていた物の状態そのまなのだとか。

2016-09-03-00-14-19

2016-09-03-00-14-58

中でも私が興味深かったのは日本の骨董品や絵の数々。世界の至る所に輸出されているとは聞いていましたが、まさかジャマイカでいくつも目にするとは思ってもなかったな~!

2016-09-03-00-13-28

こちらは中国の物。

2016-09-03-00-11-13

2016-09-03-00-10-24

こちらは機密書類を受け渡すための隠し箱。お家に1つ欲しい(^ω^)

2016-09-03-00-12-07

2016-09-03-00-20-01

お屋敷の窓からの景色。晴れの日に訪れたら絶対に綺麗な場所です\(^o^)/

今のジャマイカ、特にキングストンでは中々お目にかかれない建築物の数々が田舎には多くそのままの状態で保管されています。ガイドさんが丁寧に案内してくれるので「これ何?」って心配はなし。

観光シーズンになると沢山人が来てしまうので入れない事もあるのだとか。一度電話を入れてから行くのが確実ですね。

ネグリルやモンティゴベイへ観光しに来たついでに、興味のある方は立ち寄って見ては如何でしょうか?面白いよ(^ω^)

【こちらも要チェック! 】

 

 

 
【近日公開!ただ今準備中】

 
【 LINE@でジャマイカ情報をお届け♪ 】
ジャマイカのレポートを無料プレゼント実施
友だち追加


ジャマイカ観光情報・植民地時代のお屋敷巡りへ! Greenwood Great House

200年以上前の建物


ジャマイカのモンティゴベイからファルマスにかけて沢山のグレートハウスが立ち並んでいます。グレートハウスとはジャマイカが植民地時代にプランテーション開拓に来たイギリス人の金持ちの家の事を指します。特に功績を残した方のお屋敷はグレートハウスとして今も尚大切に保管されているんですよ。ジャマイカの田舎には200年以上の歳月がたっても今も尚綺麗な状態のグレートハウスが沢山残っています。
現在のジャマイカからは想像も付かない様な時代の家具や骨董品、そしてその当時奴隷を管理する為の器具等様々な物をグレートハウスでは見ることが出来きます。レゲェやダンスホールからたまには離れて「ジャマイカの歴史」を学ぶには面白い場所ですね。

景色が綺麗に見える高台にあるお屋敷


2016-09-03-00-08-35

2016-09-03-00-17-45

グリーンウッドグレートハウスの場所はモンティゴベイとファルマスの丁度真ん中。景色の良い丘の上にあります。
どうやらプレンテーションが良く見える位置に建てられている様子、あいにく曇りの日でしたが曇りでも十分景色は綺麗でしたね!

2016-09-03-00-16-59

ここグリーンウッドグレートハウスとはまた別で、モンティゴベイから直ぐのローズホールグレートハウスが有名です。時間のある方は両方に足を運んでみると面白いと思います。各お家ごとに家の作りや置いてある物が違いますので。

兎に角、全部可愛すぎる


2016-09-03-00-09-25

2016-09-03-00-12-45

2016-09-03-00-18-39

内装がかわいすぎやしませんか?当時実際に使われていた物の状態そのまなのだとか。

2016-09-03-00-14-19

2016-09-03-00-14-58

中でも私が興味深かったのは日本の骨董品や絵の数々。世界の至る所に輸出されているとは聞いていましたが、まさかジャマイカでいくつも目にするとは思ってもなかったな~!

2016-09-03-00-13-28

こちらは中国の物。

2016-09-03-00-11-13

2016-09-03-00-10-24

こちらは機密書類を受け渡すための隠し箱。お家に1つ欲しい(^ω^)

2016-09-03-00-12-07

2016-09-03-00-20-01

お屋敷の窓からの景色。晴れの日に訪れたら絶対に綺麗な場所です\(^o^)/

今のジャマイカ、特にキングストンでは中々お目にかかれない建築物の数々が田舎には多くそのままの状態で保管されています。ガイドさんが丁寧に案内してくれるので「これ何?」って心配はなし。

観光シーズンになると沢山人が来てしまうので入れない事もあるのだとか。一度電話を入れてから行くのが確実ですね。

ネグリルやモンティゴベイへ観光しに来たついでに、興味のある方は立ち寄って見ては如何でしょうか?面白いよ(^ω^)

【こちらも要チェック! 】

 

 

 
【近日公開!ただ今準備中】

 
【 LINE@でジャマイカ情報をお届け♪ 】
ジャマイカのレポートを無料プレゼント実施
友だち追加